令和2年度に開催される学会員向けのPALSおよびBLS講習会について

最新の開催

日本小児外科学会 理事長 田尻達郎
日本小児外科学会 小児救急検討委員会担当理事 田中 潔
日本小児外科学会 小児救急検討委員会 委員長 澤井利夫

 2020年も、2019年同様に日本小児外科学会学術集会とは別日程である9月19~21日でPediatric Advanced Life Support(PALS) プロバイダーコース講習会を計画させて頂いておりましたが、COVID19 の影響により、総会と日程が重なってしまいましたので、改めて下記日程で計画させて頂きました。本学会小児救急検討委員会が企画し、日本ACLS協会との共催で行うものです。PALSは米国心臓協会(AHA)が米国小児科学会(AAP)などと協力して提唱している小児二次救命処置法のことです。今回のPALS講習会(G2015準拠+公表されている範囲のG2020 のアップデート内容を含む)は小児外科医が小児救急医療の現場に積極的に携わっていく一助となるよう、初回受講の学会員には小児外科学会から受講費の援助を行います。ぜひこの機会に講習を受けられることをお勧め致します。PALS受講を希望される場合は、小児外科学会ホームページを参照していただくか、下記メール宛にご連絡をお願いします。
 PALS講習会の受講を希望される場合は、HP右下の「PALSおよびBLS講習会申し込み」バナーをクリックして必要事項を記入の上お申し込み下さい。申込み期限は2020年(令和2年)9月25日です。受講者選定結果はメールで小児救急検討委員会よりお知らせいたします。
 なお、PALS受講の条件として、AHA 公認のBasic Life Support(BLS)プロバイダーコースを終了し、かつその有効期限内でいることが前提になります。従来は地元でBLSコースを受講できない方のための専用のBLSプロバイダーコースも合わせて計画しておりましたが、今回は日程的な余裕がないため、地元での受講をお願いします。またPALSはAHA発刊のテキスト使用が義務づけられており、あらかじめ指定されたPALS教材を購入され予習して下さい。
以上を踏まえて受講申込みをしてくださるようお願い申し上げます。

1) 日時:2020年10月17日(土)~18日(日)午前8時30分開始
① 1日目 08:30 ~ 18:30
② 2日目 08:30 ~ 17:00 (試験の結果により、当日の再試験があります)
2) 会場:日本ACLS協会 東京トレーニングラボ (JR浜松町駅から徒歩5分)
〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム2F 
日本ACLS協会HomePage http://acls.jp/index.php
3) 募集人数:12名(受講希望者が少ない場合でも、中止はありません)
4) 受講費:今回が初回受講となる学会員 32,980円
過去にPALS受講歴のある学会員 37,980円
非学会員 42,980円(正規料金)
5) 当日必要な教材:
① AHAガイドライン2015 準拠PALSプロバイダーマニュアル
② ポケットマスク(成人用、小児用どちらでも構いません)
6) 受講資格:
① 小児外科学会の会員(定員に余裕があれば、非会員でも受講可能)。
② 参加前に必ずAHA公認BLS講習(或いはPEARSでも可)を受講し、その有効期限内であること。
7) 前提条件のBLSを受講できない方のための専用のBLS講習会は、今回ありません。BLS受講はPALS申し込み後でも構いませんが、PALS受講までにBLS講習会の受講をお願いいたします。
応募方法:PALS講習会申し込みと同じく「PALSおよびBLS講習会申し込み」バナーをクリックして申し込み下さい。
8) 応募期限:2020年9月25日
9) 問合せ先:日本小児外科学会事務局までメール(jsps@asas-mail.jp)でご連絡ください。

主催:日本小児外科学会 救急検討委員会
共催:NPO法人 日本ACLS協会 川崎ECCトレーニングサイト

PALSおよびBLS講習会
申し込み

外部リンク