小児外科で治療する病気

裂肛、痔核

太くかたい便が肛門を通るときに、肛門の粘膜や皮膚が切れてできる肛門の裂け目(裂傷)のことを裂肛といい、赤ちゃんやこどもの血便の原因としてもっとも多いものです。

肛門の粘膜にできた傷はふさがるのが早く、外から見てもわかりにくいことが多いのですが、排便のたびに繰り返して裂けると、次第に裂け目が深くなり炎症を 起こします(図1)。痛みのために排便を嫌って便が出ないと、さらに便がかたくなり排便のたびに出血したり、おしりの痛みが強くなるという悪循環に陥ります。

慢性的な裂傷と炎症を繰り返すと、裂け目のまわりの皮膚が「いぼ」のように盛り上がってきます。これは「見張りいぼ」と呼ばれる肛門のひだが腫れあがった状態で、ほかに尖兵ポリープ、皮膚垂とも呼ばれます(図2)。

炎症の強い場合は局所に軟膏などを使用することもありますが、便秘や かたい便が原因であることが多いため、排便のコントロールを行い肛門部の清潔を保つことがもっとも大切です。排便が順調になれば、裂傷の繰り返しがなくな り、「見張りいぼ」も小さくなってきます。治ったあとに肛門のひだのふくらみが残ることもありますが、手術の必要はほとんどありません。

こどもさんの血便や排便時の痛み、肛門周囲の「いぼ」、などの症状が気になったときは、かかりつけの小児科の先生や小児外科医にご相談ください。

裂肛 裂肛でみられる「見張りいぼ」
図1 裂肛:前方、後方の矢印の部分に裂け目がみられる 図2 裂肛でみられる「見張りいぼ」:前方、後方の矢印の部分に皮膚の腫れとしてみられる

外部リンク