小児外科で治療する病気

気管・気管支軟化症

 気管・気管支軟化症は,息を吐いたときに気管や気管支の断面が扁平となり,内腔が狭くなる病気です.原因は気管支の近くにある大きな血管(大動脈)による圧迫や,気管の壁の中の軟骨がもろく弱いため,あるいは気管の発育異常によるものです.先天性食道閉鎖症の約10%に治療を必要とする気管軟化症が合併します.

 主な症状は,犬が吠えるような咳(犬吠様咳嗽),息を吐くときや泣いたとき,ミルクを飲むときにのどがゴロゴロ鳴ったりします.また,繰り返す肺炎をきた すこともあります.気管軟化症では胸部X線の側面像で気管が扁平に見えることがあります.最終的な診断はシネトラキオグラフィー(安静呼吸時の気管の内径 の変化から診断する方法)や,気管支鏡検査によって行います.気管の外からの圧迫が疑われるときは,造影CTや大動脈造影を行うこともあります.

 治療はおもに 理学療法や 感染対策などの内科的な治療を行い,多くは2歳頃までに症状が徐々に軽快します.しかし,生命の危険があるときや,人工呼吸器の助けが長期にわたって必要 なときは手術を考慮します.気管軟化症に対する手術は,圧迫している大動脈を前方に引っ張って気管の内腔を広げることを目的にした大動脈胸骨固定術が行わ れます.気管支軟化症に対する手術には,扁平化して狭くなっている気管支の一部を切り取って気管とつなぎ合わせる方法,気管支の外側をステントという強度 のある円筒で支える外ステント術,あるいは内視鏡を使って気管内にステントを挿入する方法があります.

外部リンク