小児外科で治療する病気

肥厚性幽門狭窄症

肥厚性幽門狭窄症とは
肥厚性幽門狭窄症は、胃の出口(幽門-ゆうもん-と言います)に筋肉が厚くなって狭くなり、ミルクが流れにくくなってしまう病気です(図1,2)。出生1000人に1〜2人にみられ,男女比は約5:1と男児に多く,第1子に多いと言われています.本症の病因はいまだ不明です.

症状
幽門の筋肉が厚く、なおかつ幽門が長く伸びるため、胃からミルクが十二指腸に流れにくくなります。このため赤ちゃんは何度も嘔吐を起こします.噴水のように大量に吐くことが特徴です。赤ちゃんは吐いた後でも空腹感のためにさらにミルクを欲しがりますが、飲んでも結局吐いてしまうため、やがて脱水となりぐったりしてきます。

診断
診断は超音波検査で幽門筋の肥厚(厚くなっていること)を確認します.以前は造影検査がよく行われましたが、超音波検査による診断方法が確立した現在では、造影検査はあまり行われなくなりました。

治療
治療は、まず血液検査などで脱水や電解質などの状態をチェックし,十分に点滴で調整を行います.そして血液検査が正常値に戻ったところで手術を行います.手術は厚くなった幽門の筋肉を切開し拡げる方法(ラムステッド手術といいます)を行うのが一般的です。手術後は早い時期からミルクが飲めるようになります.さらにここ数年,患者さんへの手術の負担軽減を目指して腹腔鏡を使ったラムステッド手術が行われるようになってきました。一方手術以外の治療法として硫酸アトロピンという製剤を投与することにより厚くなった幽門筋を緩ませる治療法が行われることがあります.治療方法の選択は小児外科担当医とご相談ください.


図1 正常幽門部

図2 非行性幽門狭窄症の幽門部

外部リンク