小児外科で治療する病気

膀胱尿管逆流症

膀胱尿管逆流症とは
腎臓で作られた尿は尿管(腎臓と尿管のつなぐ管)を通って膀胱へ貯められます.膀胱に貯まった尿はおしっこをする時,正常では尿管へは逆流せず尿道を通って体の外へ排泄されますが,膀胱尿管移行部(尿管と膀胱のつなぎ目)の先天的な異常や,膀胱や尿道の異常に伴う二次的な要因によって逆流を防止する働き(図1)が悪くなり,膀胱内の尿が尿管ないし腎臓まで逆流する現象を膀胱尿管逆流と呼びます.

図1 膀胱尿管逆流防止機構

症状
最も多いのは尿路感染症といって尿の通り道や腎臓に細菌が入り込んで起きる症状で,高熱や側腹部・背部痛が見られます(腎盂腎炎).子供の尿路感染症の30~50%に膀胱尿管逆流が存在するといわれています.子供が小さな時には高熱の他に下痢や嘔吐,不機嫌といった,一見腎臓とは関係ない症状を伴うこともあります.年長児では高熱を出す前に,排尿時痛や頻尿といった膀胱炎症状が見られることもあります.風邪の症状がないのに何回も高熱を繰り返す場合には,尿に異常がないかを小児科の先生に相談してみて下さい.
尿路感染症以外には,年長児の昼間の尿もれや過活動性膀胱に伴う頻尿などの排尿異常のある子供で膀胱尿管逆流が見つかることがあります.また,胎児や新生児,乳児に対する超音波検査でみつかった腎臓の腫れ(水腎症)に対する精査,学校検尿で指摘された蛋白尿や白血球尿に対する精査で発見されることもあります.

診断
膀胱尿管逆流を診断する標準的な画像検査としては,排尿時の造影レントゲン検査(排尿時膀胱尿道造影)を行います.超音波検査(エコー)では、残念ながら確実な診断は出来ません.また,尿路感染症に伴う腎障害の評価を行うためにDMSA腎シンチグラフィ―という検査を行います.排尿時膀胱尿道造影は検査の時に尿道にカテーテル(管)を挿入する必要があり,シンチグラフィーでは小さな子供は検査の時に動かない様に入眠処置を必要とするため,子供にとって少し負担のかかる検査になりますが,治療方針の決定や予後の
判定にとても大切な検査です.

治療
 膀胱尿管逆流症の治療の最大目標は腎孟腎炎と腎障害の予防で,この目的を達成するために内科的,外科的治療が行われます.内科的治療は尿路感染予防のため少量の抗菌薬を継続的に服用する方法,過活動膀胱に対する治療などがあります.外科的治療は下腹部の小切開や腹腔鏡により膀胱と尿管のつなぎ目を治す方法や,膀胱鏡下に尿管の出口にデフラックス®という充填物質を注入する治療(内視鏡的注入術)が行われます(図2).内視鏡的注入術はお腹を切らずに行えるため,従来の手術に比べてより低侵襲な治療である一方,術後の再発率がやや高いという報告があります.どのような治療をいつ行うかについては,子供の年齢と性別,逆流の程度,腎障害の有無,尿路感染症の頻度と程度などを総合的に考えて判断することになります.専門の先生とよくご相談されることをお勧めします.

膀胱尿管逆流症による長期的な合併症
 膀胱尿管逆流のために腎機能が低下し腎不全に陥ることがあります.腎不全は生まれた直後からすでに始まっていることもありますが,身体成長が著しくなる思春期に明らかになることがあります.もう1つの合併症に高血圧があり,やはり思春期前後から明らかになることがあります.いずれも腎臓の発育が両側とも悪かったり,尿路感染に伴う腎臓へのダメージが強いことが原因と考えられており,このような腎臓病変をもつ子供では注意が必要です.


図2.内視鏡下注入術.
膀胱鏡下に膀胱壁内尿管の粘膜下にデフラックス®という充填物質を注入します.注入により壁内尿管の延長と補強を行い,逆流防止機構を強化します.

外部リンク